HDMI 延長器 beEX200m-Split 最大200m 1対多接続で分配器に
beEX200m-Splitは、"長い配線のできないHDMIケーブル"を最大200mまで長距離配線するための装置です。機器は送信側と受信側に分かれます。送信側でハイビジョン信号をHDMI端子で受け、TCP/IPに変換しLANケーブルで長距離配線、受信側でTCP/IPからHDMIに戻し出力します。本機の受信部を複数使用すればスイッチングハブで分配器としても使用可能です。クレジットカード、銀行振り込み、代引きでのお買い物が可能です。
ホーム | ハイビジョン・AV機器 > 延長器HDMI 延長 最大200m TCP/IP式  ハブで分配可能
商品詳細

HDMI 延長 最大200m TCP/IP式  ハブで分配可能[beEX200m-Split]

販売価格: 14,850円(税込)
重み: 1200g
オプションにより価格が変わる場合もあります。
在庫確認はこちら
保証:
数量:
 beEX200m-Splitは、"長い配線のできないHDMIケーブル"を最大200mまで長距離配線するための装置です。エクステンダーとも言われます。機器は送信側と受信側に分かれます。送信側でハイビジョン信号をHDMI端子で受け、TCP/IPに変換しCat5e/6のLANケーブルで長距離配線、受信側でTCP/IPからHDMIに戻し出力します。スイッチングハブをとおして複数の受信機をつなぎ分配器としても使用可能です。
 製品内容は送信器、受信機とそれぞれの為のACアダプタ2個で構成されます。
取り扱える信号は画像と音声の両方と、赤外線指令です。
店舗や事務所、工場、監視センター、会議室、教育現場、展示会、病院のロビー、結婚式場、催事場、ご家庭のリビングなど、いろいろなところでご使用いただけます。

【製品の種類】
beEX200m-Split 1年間の故障保証付き
beEX200m-SplitW  初期不良2週間の対応

【初めての方に】 (製品はbeEX200m-Splitではありません)


【特徴】
● 信号伝達に cat5e/6( cat6推奨) を送受信器間に使用します。最大200mまで延ばすことができます。
● HDMI 1.3 とHDCP1.1、1.2 準拠
● 1対1延長と、1対多延長が可能。
● 赤外線指令も延長。受信側のリモコン指令を送信側に送り、信号源を赤外線でコントロールできます。

● 送信ユニットはHDMIスルー出力装備
● 完全ハードウエア動作。ソフトウエアのインストール不要
● 中間にイーサネットのスイッチを存在させることができます。
● 信号劣化なし
● 簡単導入
● DC5V/1A ACアダプタを使用します。

【仕様】
● HDMI規格    :HDMI 1.3準拠
● 送受信器間ケーブル :CAT6  最大200m
● HDMI解像度     :1080p/720p/480p
● 音声サンプリングレート:32kHz および44.1kHz 、 48kHz
● 赤外線仕様     :38KHz;NEC
● 最大消費電力    :送信部 3W以下、受信部3W以下
● 電源        :ACアダプタ DC5V(送受各)
● 動作温度範囲    :0〜 +45℃
● 保管温度範囲    :-10 to +70℃
● 動作湿度範囲    :10 to 80%RH (結露なきこと)
● 保管湿度範囲    :5 to 90%RH (結露なきこと)
● 寸法 (L x W x H) :163 X 87 X 24 mm (送受各)
● 重さ        :520g(送信側)、520g(受信側)

【梱包内容】
●本体 送信部、受信部
●赤外線 受信ケーブル、送信ケーブル
●ACアダプタ 2個
●取説

【納期】
在庫がある場合正午までのご注文(振り込みの場合は入金確認)即日発送。ただし、土日祝は除きます

【コネクタ】
●送信側コネクタ

DC 5V  :  5V ACアダプタを接続します
HDMI IN :  信号入力です
HDMI OUT :  スルー出力です
IR-TX :  赤外線送信ケーブルを接続します
Ethernert : イーサネットポート。PCとつないでIPアドレス設定と受信ユニットとの接続に使用します。

●受信側コネクタ

DC 5V  : 5V ACアダプタを接続します
IR-RX  : 赤外線受信ケーブルを接続します
HDMI OUT: 信号出力です。テレビなどにつないで下さい。
Ethernert:イーサネットポート。送信側と接続します。

【接続方法】
(1) HDMIの信号源と本機の送信部の HDMI端子をHDMIケーブルで接続します。
(2) 本機の受信部の HDMI端子とHDTVのディスプレイをHDMIケーブルで接続します。
(3) 200mまでのLANケーブルで送受信器を接続します。目安として最大の半分程度を安定実力長ととらえてください。
(4) 必要があれじ、IR受信ケーブルを“IR-TX”端子に、IR送信ケーブルを“IR-RX”端子に接続し、受信側で総新川にある機器を制御できるようにしてください。
(5) 5V電源を送受信器それぞれに接続します。
(6) Multipoint to multipoint match setting: when many TX and many RX connect to the
swith, the extender can be matched after set up on the Wed browser.

【使用例】
●直結してLANを経由して最大200m延長できます。


●TCP/IPですので、ハブを通すこともできます。映像分配器として使用できます。


【AVシステム構築について】
アイシルはハイビジョン放送機器の開発経験のあるエンジニアが、機器の動作実験を通して常にノウハウを蓄積しています。お客様が複数のハイビジョン機器やPC、AVアンブなどを使用してシステムを構築する場合には、弊社から適合できる分配器、切替器、マトリクス、延長器、変換器を弊社取り扱い製品の中から選択しご提案いたします。必要に応じ実験し、確認をすることも頻繁に行っています。システム図案をFAXやメールでお送りいただけば検討させていただきます。既存の機器で対応できず、特注となる場合には放送機器の開発会社などをお探しできます。

【使用上の注意 ケーブル長】
HDMIケーブル配線長が6mを越えて長くなると、画像と音声が正しく伝わっていても、制御信号は正しく伝わらない場合が発生しえます。その場合画像や音声がときどき断となったりして、まるで機器の故障のように見えるときがあります。HDMIが6mを越えるときは、安定した動作を得るためHDMI延長器をご使用ください。

【ご注文について】
企業様で、ネットショップでは購入しにくい場合は弊社の営業でご注文を承ります。「お問い合わせ」よりご遠慮なく見積もりをご依頼下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス