-アイシル - 「測定器」 「ハイビジョンユーティリティー」「デジタルサイネージ」 「監視カメラ」,「 マイコンDSP開発ツール」,
HDMI延長器hEx120m-IRはハイビジョンの信号をHDMI端子で受け、LANケーブルを利用して最大120m延長してHDMIに戻す送受信装置です。4KVの耐圧がありますのでLANケーブルで離れた送受信装置間でも接続の瞬間に電位差や放電で故障する可能性は低いです。映像音声両対応。赤外指令延長。AVシステム構築について、ハイビジョンのエンジニアがご相談を承ります。株式会社アイシルが輸入・販売致します。クレジットカード、銀行振り込み、代引きでのお買い物が可能です。
ホーム | ハイビジョン・AV機器 > 延長器HDMI 延長 最大120m TCP/IP式 赤外指令延長
商品詳細

HDMI 延長 最大120m TCP/IP式 赤外指令延長[hEx120m-IR]

販売価格: 11,340円 (税込)
重み: 900g
オプションにより価格が変わる場合もあります。
在庫確認はこちら
種別:
数量:
 LAN用のケーブルを利用することでHDMIの配線を最大120m延長することができます。取り扱える最大解像度は1080Pで、ハイビジョンに最適です。音声も同時に延長します。赤外線リモコンの指令まで延長できます。
使用するLANケーブルは1本、ストレートのカテゴリーCAT-5e/6以上を使用します。延長距離を長くするためにはカテゴリーはできるだけ最新のものを推奨します。LANケーブルはHDMIケーブルに比べると価格が安く、細く柔軟で、配線の引きまわしも楽になります。
店舗や事務所、工場、監視センター、会議室、教育現場、展示会、病院のロビー、結婚式場、催事場、ご家庭のリビングなど、いろいろなところでご使用いただけます。

【製品の種類】
hEx120m-IRW 1年間の故障保証付き
hEx120m-IR   初期不良2週間の対応

【初めての方に】ただし機器はgEx120m-IRです。


【特徴】
● TCP/IP を利用しています。
● CAT5eケーブルをつかって1080Pの画像を延長する場合最大120mまでの延長が可能です。HDMIは1080Pで6m以下が規格です。
● サポートする音声形式はDolby True HDと DTS-masterほか
● VESA DDC および ホットスワップテクノロジー(HPD)
● 赤外線指令延長(RX側からTX側へ)
● HDCP 1.2 準拠
● DVI 1.0 準拠
● 送受信装置を1対1で接続する前提で販売いたします。
● 産業用途にも安心な金属ケース入り
● 最高フルハイビジョンの解像度に対応。
● 送受信装置の間はLANケーブル1本(ストレート)で接続。
● 静電気保護機能搭載
● DC5V電源使用

【仕様】
● 対応解像度       : 480p,576p,720p,1080p
● 音声サンプリング周波数 : 32kHzおよび 44.1kHz 、48kHz
● 赤外線指令    : 38KHz; NEC
● HDMI 1.3
● HDCP 1.2
● 電源形式 ACアダプタ  : 100V - 240V (50 - 60Hz)  5V/1A
● 消費電力  : 送信側 2.5W以下  受信側 2W以下
● 寸法   : 送受信各 (L-W-H) 100 × 65 × 26mm
● 重さ   : 送受信各 200g
● 動作温度/湿度範囲  : 0℃ - 40℃
● 保管温度/湿度範囲  : -20℃ - 60℃
● 放電耐圧        : 4KV 接触放電

【梱包内容】
● 本体 送信装置
● 本体 受信装置
● 赤外線受信ケーブル
● 赤外線送信ケーブル
● ユーザーマニュアル 
● 5V1A ACアダプタ x2


【納期】
●在庫がある場合正午までのご注文(振り込みの場合は入金確認)即日発送。ただし、土日祝は除きます。

【パネル詳細】
● 送信装置

(1) 5V/1A  付属のACアダプタを接続します
(2) LANケーブルを利用して受信装置と接続します。
(3) 電源およびビデオ状態表示ランプ
(4) HDMIの信号源を接続します。
(5) 赤外線送信ケーブルを接続します。

● 受信装置 

(1) 5V/1A  付属のACアダプタを接続します
(2) LANケーブルを利用して送信装置と接続します。
(3) 電源およびビデオ状態表示ランプ
(4) テレビなどのHDMIの表示機器を接続します。
(5) 赤外線受信ケーブルを接続します。

【接続概念】


【操作方法】
1. 信号源と本機の送信装置をHDMIケーブルで接続してください。HDMIケーブルは6m以下が推奨です。
2. ディスプレイと本機の受信装置をHDMIケーブルで接続してください。HDMIケーブルは6m以下が推奨です。
3. 本機の送信装置と受信装置をcat-6(以上推奨)のLANケーブルで接続してください。Cat.5eも使用可能です。
4. 本機の送信装置と受信装置に付属の5V電源を接続してください。
5. 信号源から信号を流し、テレビなど映像機器をオンにしてください。

【直結とハブ経由接続の実験】
(1) 送受信間をLANケーブルで直結し、ハイビジョンフレーヤの映像音声を15m延長してテレビで再生している様子。

(2) 送受信間をLANケーブルとスイッチングハブを経由して直結し、ハイビジョンフレーヤの映像音声を延長してテレビで再生している様子。


【機器の組み合わせ使用例】
動画は gEx120m と HSP0104-3D です。

HSP0102-4K60 , HSP0104-4K60 , aHDMI-AEX とも実験し接続できることを確認しました。

【AVシステム構築について】
アイシルはハイビジョン放送機器の開発経験のあるエンジニアが、機器の動作実験を通して常にノウハウを蓄積しています。お客様が複数のハイビジョン機器やPC、AVアンブなどを使用してシステムを構築する場合には、弊社から適合できる分配器、切替器、マトリクス、延長器、変換器を弊社取り扱い製品の中から選択しご提案いたします。必要に応じ実験し、確認をすることも頻繁に行っています。システム図案をFAXやメールでお送りいただけば検討させていただきます。既存の機器で対応できず、特注となる場合には放送機器の開発会社などをお探しできます。

【ご注文について】
企業様で、ネットショップでは購入しにくい場合は弊社の営業でご注文を承ります。「お問い合わせ」よりご遠慮なく見積もりをご依頼下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス