ビデオウォールコントローラ 4KハイビジョンHDMI,DP入力 4出力HDMI wTVWall-4K4
ビデオウォールコントローラwTVWall-4K4。 4KハイビジョンHDMI,DP入力 4出力HDMI。最大4つまでの画面に分割出力し、大きな画面を実現できます。1x2,1x3,1x4,2x2の配列が可能。入力は4K、出力はフルハイビジョン4系統。音声も同時処理。株式会社アイシルが輸入・販売いたします。クレジットカード、現金代引き、銀行振り込みのいずれかでご購入いただけます。AVシステム構築について、ハイビジョンのエンジニアがご相談を承ります。企業の方は見積り提出後の購入も可能です。
ホーム | ハイビジョン・AV機器 > マルチディスプレイビデオウォールコントローラ 4KハイビジョンHDMI,DP入力 4出力HDMI
商品詳細

ビデオウォールコントローラ 4KハイビジョンHDMI,DP入力 4出力HDMI[wTVWall-4K4]

販売価格: 109,296円 (税込)
[ご下命後手配] 重み: 2500g
オプションにより価格が変わる場合もあります。
在庫確認はこちら
種別:
数量:
ビデオウォールを構築するための画面分割装置です。4K入力対応です。出力画面配置は自由に設定し、液晶テレビ、プロジェクタなどで表示できます。
入力として HDMI2,0,HDMI1.4,Display Portがあります。出力はHDMIです。
2x2 の画面が構成できるように 4つの出力があります。本機を複数使用することで4画面を超えた巨大構成のマルチビジョンを構築できます。
付属の赤外線リモコンと本体パネルでコントロールできます。
展示会、店舗、デジタルサイネージ、プロジェクションマッピング、ゲーム、アーケード、Eスポーツなど多様な用途でご使用いただけます。

【製品種別】
wTVWall-4K4 初期不良2週間
wTVWall-4K4W  1年間の故障保証対応

【特徴】
● ビデオ入力は HDMI2.0, HDMI1.4, DisplayPort 各1
● 出力はそれぞれ 180°の回転が可能。液晶ディスプレイの枠が狭い方どうしを接触して配置できますので画像間のギャップを減らすことができます。

● 出力画面構成は1X2,1X3,1X4,2X2を始め様々な画面構成の切り替えが可能
● 本機を複数使用することで4画面を超えた巨大構成のマルチビジョンを構築できます。
● 簡単に設置できます。
● リモコンとフロントパネルでコントロール可能
● ファン無し 静音設計
● 全面ハードウエア動作につき瞬時に起動し、CPUフリーズによる不具合は無し
● DSP採用により 高画質を実現。

【仕様】
● 入力   HDMI:HDMI2.0ポート解像度最大3840x2160@60HZ
      HDMI:HDMI1.4ポート解像度最大3840x2160@30HZ
      DP :DP1.2ポート解像度最大3840x2160@60HZ
● HDMI出力   1920x1080P@60Hz 4ポート
● HDCP 対応
● 音声出力   3.5mm L/Rステレオジャック
● コントローラ フロントパネル、リモコン
● 電源     12V
● 寸法     286mm(L)x175mm(W)x30mm(H)
● 重さ     0.75Kg
● 消費電力   25W以下
● オリジナルメーカー型番 WL-4KHD-TW14

【梱包内容】
● 本体
● リモコン
● ACアダプタ
● 取り扱い説明書

【納期】ご下命後の手配となります。納期はご下命後1週間程度

【パネル詳細】
● フロントパネル


● リヤパネル

HDMI-OUT1,HDMI-OUT2,HDMI-OUT3,HDMI-OUT4 : HDMI出力

HDMI:HDMI入力。PCやプレーヤなど、HDMIを出す機器をつなげます。
12A : 電源端子

【使用例】
● 出力配列を2x2に設定した場合


● 出力配列を1x2に設定した場合


● 出力配列を1x3に設定した場合


● 出力配列を1x4に設定した場合


【マルチ画面の配置設定方法】(機器 wTVWall-4の場合の説明を流用しています。)

● マルチ画面の構成種類 
  1x2,
  2x2,3x2,4x2,5x2,6x2,
  1x3,2x3,3x3,4x3,5x3,
  1x4,2x4,3x4,4x4,
  1x5,2x5,3x5,4x5,
  1x6,2x6,3x6,
  1x7,2x7
  1x8,1x9,1x10,1x11
  2x1,3x1,4x1,5x1,6x1,7x1,8x1,9x1,10x1,11x1,12x1

● マルチ画面の構成方法設定画面
(1)メニューの図の画面を使用します。
 
 設定を行う際には画面を見やすくするため Splice Off にすることをお薦めします。
(2) Splice Config を反転させ 左右のスイッチ 押すと前記の構成種類を順に選べます。出力個数が4(機種によっては10)を超える場合には、本機を複数台使用する必要があります。複数台使用する場合はHDMI分配器などで分配してすべてのビデオウオールプロセッサに同じ信号を与えます。
(3) HDMI Port Pos 01,HDMI Port Pos 02,HDMI Port Pos 03,HDMI Port Pos 04を選ぶことは、これから設定する Splice Position (1〜25) の選択は、本機背面に4つあるHDMI出力の、どの番号のための設定をしたいのかを選ぶことになります。
(本機のように4出力の機器では 1から4を、他の10系統出力の機器では1から10までを選べます。)
(4) (3)で注目するHDMI出力端子の番号をえらんだので、それを分割さりた画面のどの場所に位置させたいかをSplice Position (1〜25) で選びます。
 例えば 2x2 構成なら
  HDMI Port Pos 01を選んでSplice Position 1
  HDMI Port Pos 02を選んでSplice Position 2
  HDMI Port Pos 03を選んでSplice Position 3
  HDMI Port Pos 04を選んでSplice Position 4
を設定して、Splice on にするとか2x2のマルチ画面が構成されます。2x2、つまり4画面の場合Splice Position として5以上を選ぶとその出力はSplice onにしても出力がそのままでます。


【AVシステム構築について】
アイシルはハイビジョン放送機器の開発経験のあるエンジニアが、機器の動作実験を通して常にノウハウを蓄積しています。お客様が複数のハイビジョン機器やPC、AVアンブなどを使用してシステムを構築する場合には、弊社から適合できる分配器、切替器、マトリクス、延長器、変換器を弊社取り扱い製品の中から選択しご提案いたします。必要に応じ実験し、確認をすることも頻繁に行っています。システム図案をFAXやメールでお送りいただけば検討させていただきます。既存の機器で対応できず、特注となる場合には放送機器の開発会社などをお探しできます。

【使用上の注意 ケーブル】
ディスプレイまでの距離が長くなる場合は光ファイバーHDMIケーブルが有効です。

【ご注文について】
企業様で、ネットショップでは購入しにくい場合は弊社の営業でご注文を承ります。「お問い合わせ」よりご遠慮なく見積もりをご依頼下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス